癌の転移は早い|早期発見が運命の分かれ道

ドクター

特定疾患に指定された病気

腹痛

潰瘍性大腸炎は今の医学では完治しない特定疾患に指定された病気です。しかし大多数の患者は適切な治療と生活習慣の改善をすることで、普通の日常生活を送ることが十分に可能です。状態がよいからと言って油断せず、しっかりと治療を継続することが大切です。

» 詳細へ

治療と喫煙

カウンセリング

肺は様々な組織によって構成されています。発生する部位によって有効な治療法は違うので、検査でどの組織に出来ているか判断することはとても重要です。喫煙者は肺がんの発症するリスクがとても高くなりますし、発生した肺がんも悪性度が高くなりやすいです。

» 詳細へ

腰の痛みの対処法

腰を押さえる男性

行徳周辺で腰痛の医院を探すときには腰痛の原因や種類などの情報を少しでも把握しておくと良いでしょう。原因だけでも体調不良と心因性の二つがあり、受診すべき科が異なるのです。入浴などの医師の指導も、腰の痛みを無くすためには大事な情報です。注射や薬物治療と平行して生活をするうえでの治療も行うといい結果が出ます。

» 詳細へ

身近な病気の予防と対策

先生と患者

どのような病気か

癌は、日本人の死亡理由の中でも常にトップに君臨しているとても身近な病気の一つです。人間の体には様々な細胞が存在しています。それらの細胞は、生まれたときから死ぬまで変わらずに体内に存在し続けます。そのため、生きている過程の中で、過度な飲酒、ストレス、栄養不足、不規則な生活など色々なことが原因でその細胞が異常をきたし、他の正常な細胞を破壊してしまうことがあります。そのようにして悪い細胞が体の一部分を侵してしまうのが、癌という病気です。癌には、胃、小腸、大腸、舌、肝臓など様々な部分に出来るのが特徴で、出来てしまった臓器に応じて適切な対処法が異なります。治療には多くの時間が必要であり、現在も多くの患者が闘病を行っています。

早期発見するために

癌の治療において一番重要なことが、早期発見です。癌は転移をするという性質を持っており、どこに出来た癌であっても、発見が遅れたり治療が追いつかなかったりすると、あちこちに転移をして、再手術を行わなければならなかったり、一から治療を再開しなければならなかったりします。あちこちに転移してしまう状態を避けるために、早期発見はとても重要です。癌細胞が小さいときに早めに発見することが出来れば、転移を繰り返す前に細胞を退治し、癌を完治することが出来るためです。そのためには、やはり定期的な健康診断、人間ドッグを欠かさないことです。若い人でも癌になってしまう人はたくさんいます。若いうちからそのような対策をし、癌の予防につとめましょう。